パワポケ

2012年10月27日

『描いて作ってみた 妖々夢』とWASEKET03合同誌参加の話

第二作目にしてナンバリングを放棄した(一作目も密かに『主人公+紅魔郷』に改番)シリーズですが、ようやく全部使うべきが揃ったのでアップしました。



本来は12月か来年1月辺りに上げれば投稿間隔がいびつにならずに済むかなと思ったのですが、手元に置きっ放しにしておける性分でもないので…その代わり表情差分が存在しないキャラがいたりします。前シリーズで登場しなかったキャラ達ェ…まあ時間を空けたところでそこまで描いたかどうかは分かりませんが。
BGM自作は2回目ですが少しは板についてきた、かな?『少女幻葬~Necro-Fantasy』と『ネクロファンタジア』はともにキーを変えただけだったりしますけどね。『人形裁判~人の形弄びし少女』だけ12小節で1ループになっていないのは、生放送で作っていたからだということで。
…相変わらず動画の再生時間が長いですね。特殊能力の数が全般に多いと思うので次回以降はある程度減らしていくつもりです。次回がいつになるかはわかりませんが。
正直それどころじゃないんですよね。

というわけで今年度最後のイベント参加も間近だったりします。東方オンリーじゃないですが。

早稲田大学学園祭『早稲田祭2012』内オールジャンル同人誌即売会『WASEKET03』
2012年11月3日(祝)
11:00-12:30、13:30-16:30
早稲田大学早稲田キャンパス16号館307-309教室

密かに早稲田大学幻想郷研究会なるサークルにも所属しているのですが、この度初の合同誌を出すにあたり7ページほど寄稿しました。内容は春の例大祭で頒布した『東方球春記』と同じ系統で東方永夜抄及び東方風神録の1-3面のキャラをドット絵で描き野球能力を分析したものになります。ようは今回の動画の続編のプロトタイプですね。

永夜抄分サンプル(Pixiv)
※10/28追記:タイトルは『幻想念報』A4コピー誌60ページ程度、頒価200円を予定しています。

当日は幻想研自体も別会場
(早稲田大学戸山キャンパス31号館202教室)にて東方花映塚シングル大会、東方紅魔郷・東方永夜抄Exスコアアタックフリープレイを開催する予定です。
というわけでもし時間がありましたら、2日間で15万人が訪れるという日本最大級の学園祭、その雰囲気を楽しむついでにWASEKET03および幻想研へお越しください。

WASEKET03は2012年11月3日(祝)及び4(日)の2日間連続開催ですが、幻想研のサークル参加は3日のみです。また幻想研のスコアタ大会も同様に3日のみの開催となっています。


knt_jd697 at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月08日

『東方キャラをパワポケ風に描いて作ってみた(1)』

前回の『パワポケ7東方高校編』無期限更新休止のお知らせからたった半月で別の動画をアップするとか節操のなさもいいところですが、そんなわけで『東方キャラをパワポケで描いて作ってみた(1)』を投稿しました。



これから忙しくなる自分にとって負担の少ない動画のありかたを考えた一つの答えがこれですね。
作業をする種類は増えていますが、物語を考えなくてよくなった分作業にかかる時間は減っています。
初めて手を出した部分もあったりして、そこは戸惑ったりしたわけですが。

というわけで今回動画のBGMを自作の東方アレンジ応援歌にしてみました。
MIDIに触るのは中学校の情報の授業以来だったのであのクオリティもやむなしと思いたいですが。
楽譜が読めないのもあってひたすら原曲を聞きつつ耳コピーしていましたが、割と耳には自信があるにも拘らず動画のエンコード直前に『月時計~ルナ・ダイアル』の音を一か所明らかに外していたのに気づいたという…
そんな感じで原曲キーで再現を試みましたがたぶんどこかしら音が違うのでそこは大目に見て頂ければ。
ちなみにパワーアップ前はステージ曲、パワーアップ後はボス曲と分けようかなと思ったのですがそこまでやる気力はなかったです。というかその場合2面と4面はどうするべきだったのかと。

次は秋から冬のどこかで妖々夢のを上げたいですね。
そこまでが今年の例大祭9で頒布した『東方球春記』の内容で、来年の例大祭では永夜抄から風神録までの同人誌を頒布したいなと思います(そのタイミングで永夜抄分はサンプル兼ねて上げたいなと…)。
というわけで『東方球春記』をお持ちの方には未公開部分が小説だけになってしまい申し訳ないですが、そこはご了承いただければと思います。


追伸:今回の動画でパチュリーの台詞やイベントが明らかに違ったのは意図的です。
     紫髪、病弱…といえばパワポケクラスタの方には誰をモチーフにしたかお分かりいただけるかと。
     当初はバッドエンドも用意したのですがそれはいろいろと問題になりそうなので削除しました(

knt_jd697 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月25日

『パワポケ7東方高校編』無期限更新休止のお知らせ

2011年4月8日から長きにわたりニコニコ動画に投稿してきたパワポケ7東方高校編ですが、この度諸事情により更新を期限を切らずに休止します。

…いや、諸事情なんてボカすのもすっきりしないですね。主な理由はモチベーションの低下です。
正確にはモチベーションはなくもないのですが、今後忙しくなるであろう私生活に抗ってまで頭をひねってシナリオを書くという作業をするには及ばなかったというところです。
開始前に想定していた下限のラインより再生数が落ち込んでしまったということが個人的に引き金になってしまった感じですね。作業の負担とそこから得られる満足感が釣り合わなくなってしまったこと。得る物が大きければどんなに忙しくたってそこから時間を割くだけの気力や覚悟も湧いてくるものですが、そうするための決意が鈍ってしまったかな、というところです。
もちろんそうなってしまった理由は俺の画力不足や話の構成の杜撰さやと自分にあるわけなので、他の人にその理由を押し付けるのは間違いなのですが…第一義的に俺の自己責任です。多くの人に受け入れられるものを描けなかったからこういうことになったわけですから。
「そんなものに左右されるな」と言われるのは目に見えていますが、この動画にいろいろ託すだけの覚悟がなかった、ということです。

ただこれをもって二次創作を辞めるかというとそうではありません。
来年の例大祭でも今年ので頒布した本の続編を書きたいと思っていますし、何よりせっかくとっかかりは作ったのだからやるからには東方キャラ全員をパワポケ風に描いてみたいという思いは捨てていません。
現に紅魔郷・妖々夢ときて永夜抄・萃夢想・花映塚までは全員描き終っています。

パワポケ風秋姉妹(Pixivへジャンプします)
↑こんな感じで。少しは上達していると思いたいところですが。

…ただ、もうちょっと負担を少なくやれたらなと。
その方法をどうするかは改めて考えますが、別のかたちでできればいいなと思っています。

『パワポケ7東方高校編』については再開するにしても来年の春以降になると思います。
こればっかりは自分ひとりで先行きがどうこうできる問題ではないので…相性とか運がいろいろと…

では。

knt_jd697 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月29日

第六話

期末試験も終わり、ようやく夏休みです。
というわけで第六話を投稿しました。予定としてはその前に上げるはずだったのですが…



なんとなく『パワポケらしさ』をこれまでの中では一番体現できたかなと個人的には思っています。
一歩間違えると子供っぽくなってしまう難しさ…実際それはリメイク前のでやらかした覚えがありますし。
まあ、今回も安っぽいのは否めませんが(特に画面)それでもまだいい方かなと。

あ、本家に比べるとミニゲームをプレイすることになるのが早いですがこれは物語の展開の都合です。
最後までの展開の道筋は既についていて、そのための必須イベントの前にこれがある必要があったんですね。
失敗すると図書館が崩壊してトゥルーエンドのルートが閉ざされるという仕様です。

本当は東方弾幕風で作れればよかったんですけどね。
画面サイズ240×160pixelというGBA仕様まで縮小して作れるのか分からない、プログラミングができない。
何よりゲームにしてしまった場合俺がクリアできるかどうかが分からない、と。
…はい、イージーシューターでごめんなさい。しかもノーコンクリアできないという下手の横好きです。

ちなみにミニゲームのタイトルは東方原作の命名基準に準拠したものになっていたりします。
つまりラスボスは…


knt_jd697 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月30日

第五話

第4回東方ニコ童祭が今年も開催されていますね。というわけでそれに乗じて第五話を投稿しました。
飛び入り参加なのは参加申し込み締め切り時点でHNが確定していなかったからですが。



今回、一年ぶりにタイトル画面を打ちなおしてみました。
今までのものは主人公と霊夢とが画面内にいたわけですが、よくよく考えるまでもなく本家パワポケのタイトル画面では主人公一人しか映っていないわけで、ある種それに従ったという向きがありますね。
まあ、あれをいつまで使い続けるのかという疑問も俺の中ではあったのでこれを機に二代目に変更ということで。

それと前回の動画(上げなおす前の方)で指摘されていた色彩の問題ですが、どうも直でmp4出力をするとこうなるみたいです。が、現時点ではこれが最善の方法なんですよね。
今までは240×160のaviで出力⇒エンコードツールで512×384のmp4に変換、という手段をとっていたのですが、選手能力紹介画面を静止画ではなく動画にした関係で、今までの方法だとそこだけ著しく画質が落ちる(縮小⇒拡大としているから当たり前なのですが)という。かといって640×480のaviで出力すると紙芝居パートにひどいノイズが出ますし…
というわけで当分はこの方式でのエンコードが続きそうです。

さて、次回は7月中の投稿となりそうですが…期末試験大丈夫か、俺。
ただでさえ講義で寝落ちする率が高まってきていて不安なんですが…

knt_jd697 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)